過払い金お悩み解消サイト メイン画像

B型肝炎の訴訟における状態と訴訟費用

子どものころの集団予防接種が原因でB型肝炎を発症してしまった場合は、給付金が支給されます。

しかし、給付金が支給されるためには、国を相手に国家賠償請求を起こさなければなりません。これがネックになって、推計45万人いると言われている集団予防接種によるB型肝炎患者の中で、給付金をもらっているのは少ない状態にあります。

ですが、国家賠償請求については弁護士がサポートしてくれるのでそれほど心配する必要はありません。

訴訟費用についても、給付金額の4%を弁護士費用として国からいただくことができますので、費用についてもそれほど大きな問題とはならないはずです。

LINK