過払い金お悩み解消サイト メイン画像

企業間取引

金属部品には使用される場所により、耐摩耗性が求められる場所があります。 身近な例では自動車部品です。

エンジンや回転動力を伝える場所には、特に耐摩耗性が求められます。一般的にしゅう動部品や摩擦の起きる場所に使う金属材料には要求されます。

そのためには、設計時に摩耗が起きないように、工夫が必要です。 設計上どうしても材料に耐磨耗性が求められることもあります。

金属の場合には材料の持つ硬度が高いほど、より硬い表面を持つものほど、耐摩耗性に優れた材料ということになります。

また材質の面積が大きいほど、触れる面積が広くなりますので、サイズが大きいほど耐久性も大きくなります。

LINK