過払い金お悩み解消サイト メイン画像

利息制限法と債務整理

債務整理の現場では過払い請求が行われ事が多いのですが、過払い請求と関連する法律として利息制限法があります。

利息制限法は、貸し付けを行う時の色々な規定を定めている法律で、金利についても上限を定めています。

利息制限法では、元本が10万円未満であれば年20%、10万円以上100万円未満であれば年18%、100万円以上になった場合には年15%と上限を定めています。

このように上限は定めているのですが、消費者金融などがこの上限を超えて貸し付けていました。

そのために、債務整理では過払い請求によって払いすぎた利息を返還してもらう事ができるのです。

LINK