メイン画像

事業で失敗してしまった際の債務整理

仕事をしている人の中には自分で事業を立ち上げ、ビジネスをしているような人もいます。成功美談が多く言われていますが、そのなかでも事業に失敗しているような人もいることでしょう。

そうした事業での失敗してしまった場合においては、個人の抱えているような借金よりも多額の借金を抱えてしまうケースは多いようです。そうした際の債務整理については、任意整理では収まりきらず、自己破産や個人再生での債務整理になってしまうようなケースも多いようです。苦労の多い世界ですので、成功者だけでなく、失敗してしまう人も大勢いることでしょう。

どうしようもなくなったら債務整理(自己破産を)

今までは仕事にもきちんと就いていたし、毎月の返済もなんとかしてきたが突如仕事がなくなってしまってどうしようもなくなってしまった、もう返済できる見込みが全くないという場合には債務整理を考えましょう。

おそらくもうこれ以上手段がないという場合には自己破産という手段をとることになりますが、この場合には今抱えている借金はとりあえず0円になります。「この手続きをしている間の借金の返済はどうなるのだ」と思われる人が多いと思いますが、弁護士にこちらの手続きを依頼した時点で各借り入れ先には通知が行くようになっていますので催促の連絡などはきません。

自己破産って他の債務整理と何が違うの?

自己破産は債務整理なのですが、他には民事再生や任意整理という手続きがあります。ではこちらの2つとどういった点で異なっているのでしょうか?まず大きく違っている点は自分で返済する金額が0円になるということです。

任意整理に関しては、自分の借金の利率以外は全てなんとかして毎月返済していくという処理になりますし、民事再生も半額免除にするための手続きです。他の手続きで全ての借金が0円になるようなものはありません。それだけ最終手段であることがわかりますし、当然会社や、有名人の人が行えばニュースになるわけです。そのため、債務整理は知らなくてもこちらだけは知っているという人も多いのではないでしょうか?

自己破産って債務整理の中でどういった立ち位置なの?

自己破産という言葉はたまに聞くことがありますし、芸能人が手続きをしたということでニュースになったりもします。それでは、こちらはどのような手続きを指すのでしょうか。まずこちらの手続きは、債務整理の1つです。

つまりは借金に関連する手続きということになります。他には民事再生などもありますが、その中でも最後の手段として用いられるものです。なぜ最終手段なのかといいますと、この手続きをすることによって借金を帳消しにすることができるからです。どれだけ多額の借金があろうが、しっかり最後まで処理が終われば帳消しになってしまうのです。

債務整理関連

LINK